LOGIN

買い物かご

トピックス

【夏のマスク事情】肌荒れしにくい肌のつくり方

【夏のマスク事情】
肌荒れしにくい肌のつくり方

季節は暖かさが心地よい春から、紫外線の強く、暑さが厳しい夏へと変わっていきます。しかし、コロナが落ち着かない現状、マスク生活はまだまだ続きます。

気温の高い夏のマスクは「息苦しい」「ムレる」「ニキビや吹き出物ができる」と肌トラブルで悩んでいる人も少なくありません。

そこで、今回はマスク荒れの原因とスキンケア対策を紹介します。今年の夏はマスク荒れやムレに負けない肌作りで快適な毎日を過ごしましょう。

真夏のマスクは肌トラブルを起こしやすい!

6月から8月にかけて気温と湿度が一年の中でも最も高く、紫外線量も多くなります。春に比べてマスクの中は息苦しく、ムレやすい状態のため肌トラブルが起こりやすい季節です。

とくに夏は肌荒れやニキビ、吹き出物などの肌トラブルが付きもの。原因はさまざまありますが、大きく分けて2つあります。

原因@マスクと肌の擦れ

一つ目はマスクと肌の擦れです。肌には皮膚のバリア機能があり、水分を保つことで健康的で美しい肌を作ります。しかし、マスクと肌が擦れることで摩擦が生じ、肌表面にある角層が剥がれ落ちてしまいます。皮膚のバリア機能が衰えるため、カサつきや炎症が起きやすい肌に。

原因Aマスクの中の湿度の高さとマスクを外した時の乾燥

二つ目は湿度です。マスクの中の湿度は高い状態に。マスクを付けている間はサウナ状態といっても過言ではありません。肌がダメージを受けやすく、雑菌が繁殖しやすい状態になります。また、マスクを外した瞬間、外気に触れると肌が急激に乾燥し始めます。乾燥すると、肌は大きなダメージを受けてしまいます。

マスク生活の肌を整えよう!今からできるスキンケア対策

マスク荒れやムレ、肌トラブルを防ぐためには、今行っているスキンケアを見直す必要があります。ここではスキンケア対策とおすすめアイテムを紹介します。

洗顔は優しく汚れを落とす

マスクにより肌のバリア機能は低下し、弱まっている状態です。大切なのは肌に大きな刺激を与えることなく、優しく洗顔していくのがポイントです。

洗顔をするとき、クレンジングでメイク汚れを落とし、洗顔料で毛穴や皮脂汚れを洗い流します。ただ、これでは肌にかかる負担が大きくなります。スキンケア対策としてできることは、洗浄する回数を減らすためにW洗顔不要なものを選ぶことです。落ちづらい部分にはポイントリムーバーを使いましょう。

保湿ケアは念入りに行う

マスク荒れを予防するには保湿ケアが大切です。汗や皮脂でベタつきやすい夏は、化粧水だけという人も少なくありません。室内は冷房で肌が乾燥しやすくなります。スキンケアをするときのポイントは顔だけではなく、首やデコルテまでしっかりとケアすることです。

まずは保湿力の高い化粧水で水分補給をし、うるおいを与えましょう。次に使用する乳液やクリームは水分の蒸発を防ぐ蓋代わりのようなものです。肌質にあわせて塗る量を調整しましょう。

乾燥肌やインナードライ肌はどうしてもカサつきが気になるところ。朝はパール粒1個分の乳液やクリームで蓋をします。夜は気持ち多めに塗り、しっかりと保湿をしましょう。

脂性肌や混合肌はニキビや吹き出物ができやすいため、朝は薄く塗る程度に。また油分が控えめの化粧水や美容液、ジェルなどで乾燥から肌を守りましょう。

繰り返し使えるマスクはしっかり洗う

オーガニックコットンやポリエステル素材、ポリウレタンなど、洗えるマスクが増えています。マスクには会話やくしゃみ、咳によって目に見えない雑菌が付いています。そのため、基本的に1日1回は必ず洗うようにしましょう。

マスクを洗うときは洗濯機に入れるのではなく、手洗いがおすすめです。洗濯機の場合、型崩れしたり、ゴムが伸びてしまったりしてしまうことがあります。さらにファンデーションやリップが付いていると洗濯機では汚れが落ちないことも。

洗面器や洗剤、スポンジなどを使って1枚ずつ丁寧に汚れを洗い落としてくださいね。なかには汚れを落とすために塩素系漂白剤を使う方もいます。手が荒れやすくなるのでゴム手袋をつけるようにしましょう。

おすすめアイテム@【宇治抹茶酵素洗顔パウダー】

マスクムレによる皮脂や黒ずみ・角栓が気になる肌におすすめなのがワフードメイドの「宇治抹茶酵素洗顔パウダー」。

京都の利休園厳選の宇治抹茶を使用しており、毛穴の皮脂汚れ、角栓汚れをすっきり洗い落としてくれます。

宇治抹茶=チャ葉(スクラブ剤)配合
酵素=パパイン・リパーゼ(洗浄成分)

洗顔料はスティック状の袋で小分けにされており、濡れた手でも開けやすいのが特長です。宇治抹茶の上品な香りが好印象で洗顔ネットを使うと弾力のある泡を作ることができます。

おすすめアイテムA【酒粕マスク】

マスクによる乾燥やくすみにおすすめなのが「酒粕マスク」。オリジナルの酒粕エキスを配合しており、肌の角層までうるおいを満たしてくれます。袋を開けると、日本酒の香りがふわーと広がります。

酒粕マスクは手に吸い付くような保湿感を味わえるため、水分不足の肌にもってこいです。

顔の隅々まで覆えるサイズで、顔にぴったり密着し、美容液が肌の中(角層まで)にすーっと浸透し、しっとり透明感がUPします。

マスクは5〜10分ほど置くのがベストタイム。最後はハンドプレスをしながら残りの美容液を馴染ませていきましょう。

マスク荒れしづらい肌づくりをしよう

夏のマスクムレは避けられないものです。しかし、スキンケアを工夫したりするなど、予防することはできます。

肌は日々変化し、紫外線量や乾燥、不規則な食生活、睡眠不足などによっても左右されます。暑い夏を乗り越えるためにも、今できることを積極的に取り組んでいきましょう。

酒粕=酒粕エキス(保湿成分)配合

ワフードメイド宇治抹茶酵素洗顔パウダー

商品詳細ページ

ワフードメイド酒粕マスク

商品詳細ページ

Wafood Made ブランドサイト